WiMAXを自宅で固定回線として使用するメリット・デメリットについて

 

WiMAXは、自宅だけでなく屋外でも使えて、さらに料金が月額利用料金が割安とかなりお得なサービスな上に、プラン内容も月間のデータ使用料が無制限だということで、とても注目を浴びているモバイルWi-Fiルーターなのです。これだけ充実したプランであるならば自宅でWiMAXを固定回線として利用することを検討している方もいらっしゃるかもしれません。

今回はWiMAXを自宅の固定回線として利用する際のメリットとデメリットについてわかりやすく簡単にご紹介します。

 

WiMAXの種類について

 

最近では、WiMAXといっても数多くの種類があります。モバイルWi-Fiルーターの形も機能も様々です。それぞれの種類や特徴を理解した上で、自分に合った機種を選ぶことをお勧めします。

 

据え置きタイプのWiMAX

 

最近特に注目を浴びているのが据え置き型のWi-Fiルーターです。こちらは自宅以外でも持ち運びが可能ですが、コンセントの電源を必要としますので、持ち運び先でもコンセントあれば利用することが可能です。基本的には屋内使用向けの機種です。

据え置きタイプのWiMAXの最大の特徴は、下りの速度が最大440Mbpsと最高の通信速度が利用可能な点です。

この速度であれば、通常のインターネットの利用に加えて、動画の再生などにもストレスなく利用できる速度ですので、スマートフォンだけでなくパソコンでもタブレットでも利用が可能です。

 

  • 設定がとても簡単

据え置きタイプのWiMAXは、設定がとても簡単です。コンセントをさすだけで利用ができてしまいます。

複雑な設定をしたくないという方には特にオススメの機種です。

 

  • 複数同時に接続できる

据え置き型のWiMAXなら、複数同時接続が可能なのですが、これは特に据え置き型でなくてもWiMAXのモバイルWi-Fiでは複数台同時接続可能な機種は多いです。ただし据え置き型のメリットは、その接続台数です。通常のWiMAXのモバイルルーターであれば10台前後の同時接続が可能なのですが、据え置き型は最大で42台までの接続がが可能なのです。家族が多い方や、接続したい端末機器が多い方には特にオススメです。

 

持ち運び可能な屋外でも利用できるモバイルWi-Fiルーターについて

 

据え置き型と異なり、屋外でも持ち運び可能なモバイルWi-Fiとして、据え置き型に比べて小型に軽量化されたのがモバイルWi-Fiルーターです。

屋外への利用を想定されて作られているので、手軽に持ち運びできるメリットがありますが、同時にこれを自宅用の固定回線として利用することも可能です据え置き型方比較すると通信速度が若干落ちますし、さらに先ほど説明した通り接続台数も10台前後となるものが多いのですが、通常使用であれば特に問題はありません。屋外での利用をメインで考えている方にはお勧めの機種となります。デザインも種類も豊富なので、自分の好きなものを選べるのがメリットです。

 

固定回線として利用する際のメリットとデメリットについて

 

それではWiMAXを自宅で固定回線として利用する際のメリットとデメリットについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

WiMAXを固定回線として利用する際のメリット

 

  • 回線工事が不要

WiMAXの特徴として、Wi-Fiルーターが届いたその日から、接続するだけですぐにインターネットを利用できるというメリットがあります。

通常の固定回線であれば、回線工事が必要となりますが、WiMAXのルーターは簡単な設定だけで当日から利用することが可能です。回線工事の費用もかからず、初期費用を抑えたい方にはかなりメリットがあります。

 

  • 月額の料金の安さ

WiMAXは、様々なプロバイダーが提供しているので、キャンペーン内容も充実しておりプロバイダーによってはキャッシュバックのサービスなどもかなり手厚いので、月々の費用がかなり安く抑えられるというメリットがあります。固定回線ですと月額5000円以上での利用となりますが、WiMAXは、キャンペーン期間を上手に利用すれば、プロバイダーによっても種類が異なりますが、今注目のBroad WiMAXでは月額の料金が月間の利用制限なしのギガ放題であっても2726円から始められるという手軽さがあります。大容量の通信をできるだけ格安に利用したいという方にはかなりオススメです。

 

  • 配線周りがすっきりする

自宅で固定回線を引く場合には、LANケーブルから有線接続するために様々な機器を有線で接続したりする煩わしさがありますが、WiMAXは無線のWi-Fiルータなのでコードや、LANケーブルで配線周りがごちゃごちゃするということはは避けられます。ただし先ほどご紹介した据え置きタイプのルーターは、コンセントで接続する必要があります。デスク周りや、お部屋が配線だらけとならずに、すっきりするのはモバイルWi-Fiのメリットです。

 

  • 好きな場所にルーターを設置できる

無線Wi-Fiルーターのメリットは、電波の届きやすい場所ならルーターを好きな場所に設置できる点です。有線の固定回線とことなり部屋のデザインなども支障なく合わせることができます。

 

WiMAXを固定回線として利用したときのデメリット

 

  • 通信速度が遅くなる

固定回線と比べると、特に無線のWi-Fiルーターは速度が落ちます。ただ日常的なインターネットの利用には支障がないレベルですので、さほど大きなデメリットというわけではありません。

 

  • 通信の安定性

光回線などに代表される固定回線は有線で接続するため、通信の安全性という意味では有利です。

Wi-Fiルーターは、場所を選ばず好きな場所で利用することができますが、電波干渉等の影響を比較的受けやすいため、この点には注意が必要です。

 

WiMAXとポケットWiFiの違い

 

もしかしたらWiMAXとポケットWiFiって全く同じものだと思ってる方もいらっしゃるかも知れませんね?

WiMAXとポケットWiFiは全く違うものですので、今回はこの2つの違いを簡単にそしてわかりやすくご紹介します。

 

WiMAXとポケットWiFiの違い

 

見た目もとてもよく似ているこのポケットWi-FiとWiMAXですが、内容やサービスには大きな違いがあります。

まず誤解されやすい点として、ポケットWiFiという言葉ですが、これは持ち運びができるモバイルWi-Fiルーターの総称ということではありません。

ポケットWiFiは、Y!mobile社が提供しているモバイルWi-Fiルーターの名前です。つまりこれは商品名です。

ですから皆さんが一般的に持ち運びができるWi-Fiという意味であれば、モバイルWi-Fiというのが正しい名称となります。

そしてWiMAXはUQコミュニケーションズ社のUQWiMAXというモバイルWi-Fiルーターのことです。

ポケットWiFiは(Y!mobile)で、WiMAXは(UQ WiMAX)のこと。

まずはこの違いをしっかり確認しましょう。

次に、このポケットWi-FiとWiMAXのサービスの内容がどのように異なるのか2つを比較してみましょう。

 

「利用回線の違い」について

 

ポケットWi-FiとWiMAXは異なる2つの会社の商品ですから、当然利用している通信回線それ自体も異なります。UQコミュニケーションズはauで有名なKDDIの子会社です。ですからポケットWi-Fiはワイモバイルの回線でWiMAXはKDDIの回線を使用しているということになります。

回線が異なればサービスの内容がどのように異なるのかですね?

実際比較してみましょう。

 

「回線速度」について

 

具体的な通信速度について、実測値を参考にしてみます。

ポケットWiFiが42.5〜76.6MbpsでWiMAXは31〜170Mbpsということです。

KDDIの回線を使っているWiMAXの方がかなり通信速度が早いといえます。せっかくモバイルWi-Fiを使うのであれば、高速のインターネットを利用したいですよね?

 

「速度制限」と「料金面」の違いについて

 

モバイルWi-Fiを検討する上でもっとも大切なポイントが「通信制限」と「料金」です。

二つを比較してみましょう。

 

ポケットWi-Fiの場合

ポケットWi-Fiには、7 GBのプランと気軽に使う5 GBのプランの2つがあります。(海外でお得に使う海外データ定額というものもありますが今回は省きます。)

ポケットWi-Fiプラン2は月々7 GBまでの料金が月額3696円です。

通信制限については、

Wi-Fiの7ギガプランの場合は、

  • 当月の利用データ通信量が7GBを超えた場合に、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時最大128Kbps)がある。
  • 通常速度に戻す場合は、500MBごとに500円の追加料金が必要です。

ただし、7 GBを超えてもずっと高速で利用したい方のためにアドバンスオプションというものがあります。

「ポケット WiFiプラン2」加入の場合、「アドバンスモード」に設定することで7GBを超えても高速データ通信が楽しめます。

ただし、アドバンスモード利用時、混雑回避など通信品質確保のための速度制御(3日間で約10GB以上利用時)があります。

このアドバンスオプションは月額料金が684円です。

もう少し気軽に楽しみたい方には、ポケットWi-Fiプラン2ライトというコースがあります。これが月々5GBまでで月額2480円です。

通信制限等の条件は先ほどと全く同じです。

 

WiMAXの場合

WiMAXの中でも最も人気のあるブロードWiMAXを見ていましょう。

料金プランは2種類あります。

ギガ放題プランは月間のデータ容量が制限なしで使えるプランです。このギガ放題プランですとキャンペーン価格を適用した場合、月額料金が最大3ヶ月2726円です。

もう一つのライトプランは、

月額の料金が最大25ヶ月2726円です。

ライトプランには月間7 GBまでの月間データ量の制限があります。

それではWiMAXの通信制限を見て見てみましょう。

7 GBのライトプランは、上限を超えるとその月のデータ通信速度は128Kbpsに低下します。

一方でデータ使用料が無制限のギガ放題プランでは速度制限について1点注意するポイントがあります。

 ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間でWiMAX 2+およびLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、ネットワーク混雑時間帯(翌日18時頃から翌々日2時頃 (2017年2月時点)にかけてWiMAX 2+およびLTE方式の通信速度を概ね1Mbpsに制限がかかります。(送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下となることがあります)。

ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。

 

ポケットWi-Fiと、WiMAXを比較していくと、料金面でも、また速度制限といった面でもサービス内容を比較してもWiMAXのほうに圧倒的に軍配が上がりますね。

 

WiMAXとWiMAX2+の違い

 

テレビのコマーシャルでもとても有名なWiMAXですが、モバイルWi-Fiの購入を検討中の方で、一度はWiMAXそしてWiMAX2+という言葉を耳にされた事があるのではないでしょうか?

もしかしたらとてもよく似た名前なので同じものだろうと思っていらっしゃる方もいるかも知れませんね?

実際はこのWiMAXとWiMAX2+は内容が異なりますので、今回はこの2つの違いを簡単に、そしてわかりやすくご紹介します。

 

WiMAXとWiMAX2+って何?

 

KDDIグループのUQコミュニケーションズという会社が提供しているのがWiMAXです。

そしてこのWiMAXとWiMAX2+両者とも同じ会社が扱うサービスですが、簡単に言うと2つの異なる通信方式ということです。どちらも同じように電波を使うことでWiMAXの端末からデータ通信のやりとりをします。

ではこの両者の違いは何なのか詳しく見ていきましょう。

 

WiMAXとは

 

WiMAXは『Wordwid Interoperability for Microwave Access』の略で、

UQコミュニケーションズ株式会社が提供している無線通信技術の規格のひとつとなります。

WiMAXは、そもそも高速通信回線の利用が難しいとされた地域で高速通信を利用可能にするため提供されたものです。

 

進化したWiMAX2+

 

そして上記のWiMAXがより進化したものがこのWiMAX2+です。

どのように進化したのかと言うと、通信速度が大幅に高速化されたのです。実際サービスが開始されたのは2013年からですが、現在もまだ提供エリアを拡大中です。

 

WiMAXとWiMAX2+って何が違うの?

 

WiMAXとWiMAX2+は具体的に何が違うのかという点ですが、

まずサービスの開始時期が異なります。

WiMAXは2009年にサービスが提供を開始されました。そしてWiMAX2+は2013年からの開始です。

さらに両者を詳しく比較してみましょう。

 

1.利用できるエリアの違い

UQコミュニケーションズのサービスエリアマップというサイトで調べるとわかりますが、WiMAXとWiMAX2+はサービスの提供エリアが異なります。

2つを地図で比較すると、現在WiMAX2+の方が利用可能エリアが拡大しています。より広範囲なエリアで使用できるといえます。

さらにWiMAXでは障害物や通信障害を受けやすかったエリアでも、WiMAX2+では利用可能になっているといったエリアがあります。

つまりWiMAX2+は、WiMAXと比べると、より場所を気にせずどこでも好きな時に高速通信でインターネットができるものに進化したものということです。

2.回線速度の違い

WiMAXとWiMAX2+は通信回線の速度も異なります。

WiMAXは最大通信速度下りが13.3Mbps(初期40Mbps)

に対して、

WiMAX2+は最大通信速度下りが110Mbps/220Mbps/440Mbpsですから、

WiMAX2+のほうが圧倒的に早いといえますね。

しかもWiMAX2+の最大通信速度は光回線の平均速度100Mbpsを上回っている

ということです。

イメージが難しい方に具体的には、

WiMAXでは動画やゲームの読み込みが遅いなと感じていた方でも、WiMAX2+ではサクサク画面が動いてストレスなくインターネットが利用できるという感覚です。

さらにこの通信制限という点でWiMAXとWiMAX2+を比較してみましょう。

WiMAXには、通信制限はありません。

一方でWiMAX2+には、通常プランでは月に7 GBの制限があるものと、使いたい放題の無制限プランの2種類に分かれます。ただしこのWiMAX2+の無制限プランを選んだ場合でも、3日間の使用が10 GBを超えた場合は速度制限が発生します。

3.「端末も違う」

WiMAXとWiMAX2+は、使う端末も異なります。現在UQコミニケーションズでは、WiMAX2+の回線を優先した端末が販売されています。さらにWiMAX2+の回線とWiMAX回線の切り替えを上手に自動でしてくれて、インターネットに接続できる端末もあります。

 

WiMAX2+のギガ放題プランについて

 

圧倒的な高速の通信が利用可能となり便利になったWiMAX2+ですが、特にWiMAX2+で人気のサービスのギガ放題プランについて詳しく紹介します。

今までは、3日間で3 GBで速度制限がかかるかかりましたが、新しくなったワイマックス2+では3日間で10 GBの上限が設定されています。

具体的に3日間で10 GBの制限というと一体どれくらいのデータ量なのでしょうか?

例えばパソコンでYouTubeの動画を視聴した場合で見ていましょう。

超高画質でYouTubeを視聴した場合は、10 GBでは約7時間となります。

ですので3日間でYouTubeを約7時間以上視聴する場合は制限にかかるといったイメージです。

 

もし速度制限がかかってしまった場合

 

もし速度制限がかかってしまった場合の制限時間も改善されました。

以前は終日制限と言うことで24時間制限を受けましたが、これが改善されて、混雑時間帯のみの制限となりました。(8時間制限)

時間帯の目安としては、18時ごろから翌朝の2時までとなっております。

ただし、2時間前より通信を継続して利用し続ける場合、最大で翌6時頃まで速度制限が継続することがあります。

ポイントとして重要な点は、10GBを超えた場合でも、

翌日18時頃までおよび、翌々日2時頃以降は速度制限なくご利用できます。

また、翌日18時頃から翌々日2時頃の間も、概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)で利用できるということです。

これなら通信のヘビーユーザーの方でも上手に使いこなすことができるかと思います。

 

まとめと注意点

 

WiMAXとWiMAX2+は通信の方式が異なるものであるという点と、それぞれ利用できるエリアまた端末に違いがあるといったことをご紹介してきましたが、

現在はこのWiMAXからWiMAX2+への移行期間ということで、今現在は両方の回線が使用できますが、2020年度末までには移行期間が終了してしまいます。

 

WiMAXとは?

 

モバイルWi-Fiの購入をいざ検討して調べてみると、たくさんの種類があって迷いますよね?それぞれサービス内容も多岐にわたります。

便利で手軽なはWi-Fiだからこそ購入前にしっかり検討することが大切です。

モバイルWi-Fiの中でも今回は特にWiMAXについて簡単にわかりやすくご紹介します。

 

WiMAXとは?

 

皆さんも「ギガ放題」や「通信業界中で最安級」という言葉で有名なWiMAXというフレーズを一度は目にしたこともあるのではないでしょうか?

スマートフォンや固定回線の契約と異なり、プロバイダーの料金も必要のないとてもユニークなサービスを提供しているWiMAXについて今回は簡単にご紹介します。

WiMAXはKDDIグループのUQコミュニケーションズという会社がサービスを提供しています。

手軽に持ち運びのできる手のひらサイズの端末をルーターとして、スマートフォンやタブレットそしてパソコンとインターネットを手軽に接続できる便利なものです。

特にBroad WiMAXは端末代金さえ必要なく使えるユニークでお得なサービスです。

通常携帯電話会社が提供するインターネットサービスは、使いすぎた場合の追加料金や、通信制限解除のための追加のデーターパックの購入費などが発生する場合が多いのですが、安心の定額プランを提供しているのはWiMAXです。

とてもお得で魅力的なWiMAXですが、

どんなメリットデメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

 

WiMAXメリットについて

 

1.料金サービスがお得

WiMAXのなかでも一番のお勧めのBroad WiMAXの最大のメリットは料金体系です。

WiMAXを契約する方のほとんどの人が選ぶギガ放題プランは月間データ容量が制限なしで使えるプランです。スマホやパソコンでのインターネットの利用が多い方に特にオススメのこのプランは月額最大3ヶ月2726円です。(キャンペーン価格適用)

逆にあまりインターネットを利用しない方には、ライトプランというものがあります。こちらは月間7 GBまでの通信量の制限があります。こちらも価格は月額最安値で最大25カ月間2726円です。

2.広範囲なエリア対応

自宅でも屋外でもインターネットが1つの契約で利用が可能なWiMAX。

全国の人口カバー率が1億人で屋外の基地局が20,000と広範囲なエリアをカバーしています。

3.高速のインターネットが利用可能

通常スマートフォンやインターネットの契約は、最大の通信使用量の上限が決まっており、その上限に達すると速度制限がかかります。Broad WiMAXのギガ放題プランは、月間のデータ量制限がなく、好きなだけインターネットが利用可能で通信速度が「最大1.2Gbps」です。これはモバイル会社の中で、現在の光回線の通信速度とほぼ同じということになります。

とても魅力的なBroad WiMAXですが、デメリットもしっかり見ていきましょう。

 

WiMAXのデメリット

 

1.無制限プランを選んでも、通信制限がかかる場合がある

データ通信量に上限のない無制限プランを選んでも、ネットワーク混雑回避のために、前日までの直近三日間でWiMAX2+及びLTE方式の通信料の合計が10ギガバイト以上になった場合は、通信速度を1 MB PSに制限されます。

2.通信の安定性

エリア内の利用であっても、利用環境や回線の状況等によって通信速度が大幅に低下する場合があります。建物や壁の障害をうけてしまった場合は通信が安定しない場合もあり、通信速度は機器の能力等にも依存します。

 

いつでも解約サポートって何?

 

通常、モバイルWi-Fiのサービス提供会社は、契約を途中で解約する場合に、高額の違約金が発生します。Broad WiMAXが最大の魅力は、この解約の違約金を業界初の0円でサービスを提供した点です。

もし万が一BroadWiMAXに契約をして、通信速度が遅いとか固定回線に乗り換えたい方、または電波が届きにくいとか通信制限にかかってしまうといったような状況で利用が困難になった場合、解約を申し出るとBroad WiMAXは違約金なしで、WiMAXが提携している他社へのインターネット回線へ無料で乗り換えが出来るようにしています。

さらにこのいつでも解約サポートは、Broad WiMAXを使っている方であれば、いつでも誰でも無料で解約でき利用期限はありません。

ただし注意点として、このいつでも解約サポートを利用した場合は、1年間は再度利用することができません。

さらにこのサービスで解約料無料を実現できるのは、乗り換え先の開通が確認できた後となります。しかもモバイルルーターサービスの違約金以外の免除もありませんので事務手数料や初期費用などはかかります。

詳細については、店頭で契約時に再度確認が必要ではありますが、これらのメリットデメリットをしっかり確認した上で、快適なインターネットライフをお楽しみください。