WiFiとLTEの違いを解説

 

Wi-FiとLTEはどちらもスマートフォンを使うときに利用する通信方式の事ですが、この2つの違いを理解している方は多くないかもしれませんね。今回はこの両者の違いを簡単にわかりやすくご紹介します。

 

Wi-Fiって何?

 

Wi-Fiはパソコンやスマホスマートフォンをインターネットにつなぐときに利用する無線LANの一種です。Wi-Fiのルーターを持っていれば誰でも簡単に利用ができます。

Wi-Fiでインターネットを利用する際には、固定回線やモバイルWi-FiそしてフリーWi-Fiとテザリングといった異なった方法があります。

それぞれを少し詳しく見てみましょう。

1.固定回線

フレッツ光やADSLで有名な固定回線を利用してインターネットに接続する方法です。固定回線でのWi-Fiルーターをお持ちの方であれば、複数の端末機器でインターネットに接続が可能です。

2.モバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiルーターを使って、スマートフォンやパソコン等でインターネットを利用する方法です。モバイルWi-Fiルーター持ち歩けば外出先でも気軽にインターネットが使えます。

3.フリーWi-Fi

カフェやレストランなどの店舗や、空港や駅といった公共の施設で無料で手軽に使えるWi-Fiのことです。フリーWi-Fiと、例えば、皆さんお持ちのスマートフォンをつないでインターネットを利用するという方法です。

4.テザリング

スマートフォンをそのままルーターとして使ってインターネット利用する方法をテザリングといいます。スマートフォンをルーターとして使用するために、特別にモバイルWi-Fiルーターを持ち運ぶ必要はありません。

 

LTEって何?

 

次にLTEについてです。

LTEとは、Long Term Evolution(ロングタームエボリューション)の略です。

Wi-FiもLTEもどちらもスマートフォンを使うときに利用する無線通信なのですが、Wi-FiとLTEでは利用している通信方式が異なります。

Wi-Fiは、Wi-Fiのルーターからの電波を飛ばして使用するものですが、LTEは携帯電話の電波を使用しています。

皆さんも「4G/LTE」のような表記を見たことがありませんか?

4Gは「4th Generation(フォースジェネレーション)」の略称で第4世代移動通信システムのことです。

以前あった第3世代移動通信システム(3G)を高速化して開発されたのが「4G/LTE」です。

 

Wi-FiとLTEのメリットとデメリットは?

 

安定性の比較

LTEはモバイルキャリアが提供しているサービスで、もともと携帯電話で外出時に利用することを想定して作られたものです。このため通信はとても安定していて電波が届く範囲がとても広く便利です。

広範囲なエリアでの利用可能な通信の安定性という点ではLTEはメリットがあります。

比較すると、モバイルWi-Fiの通信のを考え安定性を考える場合、LTEと比較すると、モバイルWi-Fiは障害物や建物の壁といった電波障害を受けやすく、安定性と言う面ではLTよりも劣ると言わざるを得ません。

通信制限の比較

広範囲で安定して利用できるLTEですが、データの通信容量には条件が設けられています。このデータの上限を超えてしまうと極端に通信スピードが遅くなります。上限を超えて使用したい場合は、追加でデータの通信容量を買わなければなりません。この点がLTEの最大のデメリットです。スマートフォンで動画を見たいといった場合に、どうしても料金が高額になりがちです。上限を気にしながらインターネットを利用しなければならないのは難点です。

この点Wi-Fiは、様々な料金プランが提供されており、例えばデータ使用料無制限といったプランまであります。大量のデータ通信を行う方には、お得なのはWi-Fiです。

通信速度の比較

モバイルWi-Fiと、LTEでは通信速度ではどちらが早いのでしょうか?

例えばモバイルWi-Fiを使用している場合に、高速通信の光回線を利用したとすれば、回線のスピードはWi-Fiの方が速くなります。

LTEは、通信速度が基本的には早いのですが、電波状況が良好な場所では通信速度が早いといえますが、多くの人が密集している場所などでは通信速度が遅くなりがちです。

通信速度に関しては両者とも環境によるということになります。

 

まとめ

 

これまでわかりやすくWi-FiとLTEのそれぞれの特徴についてご紹介しました。両者を比較すると、大きな違いはやはり通信の利用制限と利用料金です。LTEは電波状況の通信の安定感という面では圧倒的に軍配が上がりますが、どうしても利用料金が高額になりがちです。この点ではデータの利用制限なしで好きなときに自由に使えるWi-Fiには料金と通信制限を回避できるメリットがあります。

できればこの2つのメリットを十分理解した上で、それぞれを賢く上手に使いこなすのがベストですね。

モバイルWi-Fiで通信が安定してない場所ではLTEを使ったり、大容量のデータを使いたい場合はモバイルWi-Fiをメインとして使うといったやり方です。

 

フリーWi-Fiの危険性とは?とセキュリティ対策はどうしたらよい?

 

皆さんも「Wi-Fi」という言葉を最近当たり前のようによく目にしますよね?

スマートフォンやパソコンでインターネットを利用したい時に、通信速度や通信料金の心配をせずに手軽にどこでも簡単に使えてとても便利です。その一方でよく言われているのが、固定回線やLANケーブルでの有線接続と異なり、Wi-Fiはセキュリティー面で脆弱性があるという点です。特に皆さんが商業施設や店舗などで見かける「フリーWi-Fi」はよりセキュリティーのリスクが高いと言われています。今回は特にこのフリーWi-Fiの危険性、そしてそれに対するセキュリティー対策といった点について簡単にわかりやすくご紹介します。Wi-Fiを頻繁に利用する機会の多い方は是非お役立てください。

 

「フリーWi-Fi」って何だろう?

 

そもそもフリーWi-Fiとは何なのかというと、Wi-Fiが使えるスマートフォンやパソコンで無料で高速通信のインターネットが自由に使えるサービスです。

最近でも、よくカフェやレストランといった店舗や、公共施設や大型の商業施設など様々な場所で「リーWi-Fi」のサービスが利用できます。

「フリーWi-Fi」を利用するために、規約の同意や登録が必要な場合もあれば、特別な登録なしで利用できるものもあります。また「フリーWi-Fi」の中には、60分までといった利用時間の制限があるものや、1日の利用が3回までといった利用回数に上限が設けてあるサービスもあります。

さらに「フリーWi-Fi」と似たようなサービスで、公衆無線LANというものがあります。いわゆる公衆Wi-Fiと呼ばれるものですが、こちらも最近利用できるスポットがとても多くなっています。例えば空港や、観光スポットなどで訪日外国人向けの集客サービスとしてこ「フリーWi-Fi」を提供している場所はとても多いです。

またこの公衆Wi-Fiの中には、携帯電話会社や回線業者が自社の契約者向けに提供しているサービスもあります。こちらに関しては事前に契約が必要であったり有償で提供することが前提になっているものがあります。

 

「フリーWi-Fi」の危険性について

 

フリーWi-Fiに関しては、セキュリティー面で脆弱性があると言われていますが、具体的にどのような危険性があるのかを簡単にまとめてご紹介します。

1.通信内容を他人に見られる可能性がある

万が一、安全ではないフリーWi-Fiに接続してしまった場合、皆さんが接続したスマートフォンやパソコン、タブレットの中に保存されているデータが流出してしまう可能性があります。LINEやメールの内容が他人に見られてしまったり、電話帳に登録してある個人情報が流出してしまう可能性があるのです。暗号化されているフリーWi-Fiであっても、誰でも簡単に使えるように暗号キーが公開されているケースがあるため、注意が必要です。

2.位置情報を把握されてしまう可能性がある

例えばスマートフォンには、GPS機能が搭載されており、皆さんの位置情報を取得する機能があります。この機能を悪用して、万が一安全ではないフリーWi-Fiに接続ししまった場合は、悪意のある第三者に侵入されてしまうと、皆さんの位置情報を特定されてしまいます。皆さんが今現在いる場所や、自宅の場所が特定されてしまうのです。これは一時的にだけでなく、常時監視されてしまう可能性もあるということです。昨今のストーカー被害などもこのような悪意ある第三者による位置情報の特定等が原因の可能性が高いのです。

3.遠隔操作の可能性がある

一旦、スマートフォンに侵入を許してまうと、他者にスマートフォンを乗っ取られてしまう可能性があります。スマートフォンに侵入されてしまうことで、自分の顔を特定されたり、勝手にカメラを操作して盗撮をされてしまったりといった犯罪に巻き込まれてしまうリスクが高まります。

また生活リズムを把握されてしまうことで、自宅の留守の時間帯を狙っての窃盗などの犯罪に悪用されてしまうケースもあります。

 

フリーWi-Fiを安全に使用するために自分でできるセキュリティー対策について

 

様々なリスクに対して、自分でできるセキュリティー対策について簡単にまとめてみます。

1.自動接続機能の使用を避ける

フリーWi-Fiを利用するときは、できるだけ自動接続機能を使用しないようにして、代わりに手動で接続するようにしましょう。こうすることで、意図しない場所でWi-Fiスポットに自動で接続されてしまうトラブルを避けることができます。

2.SSLモードを確認する

Wi-Fiを安全に利用するためにも、暗号化して通信を守ることができる「SSLモード」と呼ばれる設定にすることが大切です。設定画面からこのモードを選択できる場合がありますので必ず確認してください。SSLモードにして暗号化しておかないと、クレジットカードの番号や住所や電話番号など個人情報が抜き取られる可能性があります。公衆Wi-Fiを利用する際にもSSLモードで接続されているか確認してください。

3.重要な情報の入力を避ける

フリーWi-Fiを利用する際には、できればオンライン取引やネットバンキングのサービスの利用を控えましょう。暗号化されて保護されている場合でも、万が一のリスクを想定して利用を控えることが無難です。

 

まとめ

 

外出先で、スマートフォンやパソコンで簡単に無料でしかも高速通信でインターネットを楽しむことができるフリーWi-Fiはとても便利なものですが、それと同時にセキュリティー面での脆弱性というリスクがあります。フリーWi-Fiを便利で快適に利用するためにも、自分でできるセキュリティー対策は取られることをお勧めします。

 

夜にインターネットが遅くなる理由とは?

 

スマートフォンの普及と携帯電話各社の様々な通信料金定額サービスやデーター定額プランサービスなどのおかげで、私たちにとってインターネットはさらに身近で便利になりました。

そんな中で、1日中好きなときにインターネットを楽しんでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

通勤時間中にインターネットでニュースを観たり、移動中にスマホでゲームを楽しんだり、動画サービスや音楽を楽しみ、夜もインターネットで海外ドラマなど視聴している方も多いですね。

そういった時に、日中に比べて夜間帯にインターネットが遅く感じた経験はないですか?

短時間で解決する場合もありますが、なんだかインターネットが重く感じられる経験をされたときは理由がある場合が多いです。

ドラマを視聴している最中や調べ物をするためにインターネットを利用しているときに回線が遅いとかなりストレスになりますよね?

今回は、夜間にインターネットが遅い理由についてわかりやすくご紹介します。

 

インターネット回線が遅くなる原因とは

インターネットの回線が、特に夜間に遅くなる原因はなんなのでしょうか?

夜間帯のみインターネットの回線がおそくなるのは以下の原因が考えられます。

1.ウェブサイトやサーバーにアクセスが集中している

ほとんどのウェブサイトはサーバーにデータが保管されていて、利用者からのURLの指定により、サーバーから情報が送られてきて閲覧できる仕組みになっています。

そのため、同じ時間帯にアクセスが一斉に集中すると、データの読み込みや表示に時間がかかってしまうという原因があります。特に夜間帯は、仕事終えて帰宅した人たちの利用など回線の利用がどうしても集中しやすい傾向にあります。そのため、日中では問題なくサクサク動いていたのに、夜間に遅くなってしまうことがあるのです。

2.プロバイダーが混雑している

インターネットの回線を接続するためは、契約しているプロバイダーを通してインターネットを利用するのですが、そのプロバイダー側が混雑しているため回線が遅くなってしまうという原因もあります。

一般的に、回線は無制限につなげられるものではなく、プロバイダー側がある程度制御しています。ですので、同じプロバイダーの利用者のアクセスが集中してしまうと、混雑が発生して回線が遅くなってしまうのです。

特に20時から24時頃のインターネット利用者は比較的多い傾向がありますので、これが夜間帯にインターネットが遅くなる原因です。

 

次に夜間帯だけでなく日中でもインターネットの回線が遅くなる原因をいくつかまとめておきます。

1.ケーブルやコンセントがきちんと差し込まれていない場合

毎日利用していると、あえて確認していない場合が多いのですが、コンセントが抜けかかっていたり、完全に抜けてしまっていたり、さらにはLANケーブルが、しっかり差し込まれていない場合は回線が安定して接続できず、遅くなってしまうことがあります。インターネットの回線が遅いなと感じたら、まずコンセントやLANケーブルなどの差し込みがしっかりされているか確認をしてください。またほこりがたまって接触が悪くなっている場合もありますので確認をお勧めします。

2.LANケーブルやルーターが高速通信に対応できていない場合

せっかく光回線などの高速通信を契約していても、使用しているLANケーブルやルーターが高速通信に対応していない場合は回線が遅くなってしまいます。いつまでも変わらず古いケーブルやルーターを使い続けているような場合は、新しい物への取り換えも検討してください。

3.パソコンなどのスペックが低い

パソコンやスマートフォンなどは、毎年新しいスペックのものが登場しています。例えば10年以上も前のパソコンをいまだに使用している場合は、高速通信に対応できていなかったり、性能が全く異なるものもあるからです。このような場合はどうしても回線の遅れにつながってしまいます。

4.セキュリティーが過度にかかっている場合

インターネットを利用する場合セキュリティーはとても大切なのですが、セキュリティーソフトによっては、動作が非常に重くなり、パソコンに負荷がかかってしまうものもあります。例えばセキュリティーソフトを複数インストールしていて、それらが同時に作動している場合は、回線がとても重くなる原因になります。

セキュリティーのソフトが重複していないかどうか確認をすることが大切です。

5.プロバイダーや回線の通信障害

「昨日まで普通にインターネットが使えていたのに、翌朝になっていきなり使えなかったくなった」という経験はありませんか?

このような場合はプロバイダーや回線の通信障害が疑われます。

プロバイダの公式サイトなので通信障害がないか確認してみてください。

6.回線の通信速度が遅い

回線の通信速度自体が遅い場合は、セキュリティーのソフトをチェックしても、LANケーブルやルーターを新しいものに取り替えても解決しません。回線の通信速度が遅い内容の契約なっている場合は、契約内容を変更することをお勧めします。

7.Wi-Fiルーターに数多くの端末機器の接続がされている場合

1つのWi-Fiルーターにあまりにも多くの端末が接続されている場合は、回線がとても遅くなります。使用しない端末機器は接続しないようにお勧めします。

 

まとめ

 

夜間帯に回線が遅くなる場合というのあ、20時から24時の時間帯でインターネットの利用者が増えることが原因であったり、また自宅内でも同じWi-Fiルーターに家族の人達が同時にアクセスをしてしまうことで回線が遅くなったりという場合もあります。

ウェブサイトやサーバにアクセスが集中して混雑していたり、そもそもプロバイダが混雑している場合は、時間帯を避けたりする以外ありませんが、ケーブルやコンセントの管理であったり、高速通信に対応したスペックのもの使ったり、セキュリティー面をチェックすることは簡単に自分でできる事ですので、是非確認してみてください。

 

モバイルWi-Fiとテザリングの違いとは

 

皆さんの中には、「テザリング」と言う言葉を耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ具体的に「テザリング」と「モバイルWi-Fi」では何がどう違うのか?と聞かれると難しく思う方もいらっしゃるかもしれません。今回はこの「テザリング」と「モバイルWi-Fi」の違いについて簡単にわかりやすくご紹介します。

 

簡単に、「テザリング」と「モバイルWi-Fi」を比べてみると、

 

まずテザリングは、

皆さんがお持ちのモバイル通信機器、例えばスマートフォンやタブレット、これらをアクセスポイントとして使って、ノートパソコンとか任天堂のDSというようなゲーム機でインターネットを利用することを意味します。

これに対して「モバイルWi-Fi」は、

モバイルWi-Fiをルーターとして使って、皆さんのお持ちの端末機器、スマートフォンやパソコンといったものでインターネットを利用するものです。ポケットWi-Fiや、UQWiMAXなどが有名ですし、au、ソフトバンク、ドコモなどの携帯電話会社も取り扱いをしています。

簡単な設定で屋外でも好きなときに自由にインターネットを楽しむことができます。

 

「モバイルWi-Fi」の仕組みについて

 

固定回線であればインターネットとモデムを接続して、そのモデムとパソコンをLANケーブルでつなぐことでパソコンでインターネットを利用することができます。

この接続方法ではあくまでもLANケーブルが届く範囲でしか端末機器を繋ぐことができません。

これに対して、モバイルWi-Fiの場合は、インターネットとモバイルWi-Fルーターが接続することで、モバイルWi-Fを経由して、パソコンやスマホそしてゲーム機等の複数の端末機器でインターネットが利用できるようになります。

LANケーブルなしで、複数の端末機器で同時にインターネットに接続できるというのはとても便利です。

 

「テザリング」の仕組みについて

 

テザリングには3種類のつながり繋げ方があります接続の仕方があります。

Wi-FiテザリングとUSBテザリングそしてBluetoothテザリングです。

それぞれを簡単にご紹介します。

まずWi-Fiテザリングについてです。

Wi-Fiテザリングは、Wi-Fiを使って、スマートフォンと端末機器を接続する方法です。パソコンやタブレットそしてゲーム機といった複数の端末機器を同時に接続することができます。ただし接続する台数が多くなると、通信速度が遅くなってしまうケースがあります。またバッテリーの消耗が激しいと言うデメリットもあります。

次にUSBテザリングですが、これは単純にUSBのケーブルを利用して接続する方法です。例えばお持ちのスマートフォンとパソコンをUSBケーブルで接続して、パソコンでインターネットを利用するといった使い方です。先程のWi-Fiテザリングと異なり、パソコンとスマートフォンをUSBケーブルで繋ぐので同時に充電もできます。スマートフォンのバッテリーの残量を気にする必要はありません。USBケーブルでスマートフォンのテザリングを長時間行うと、携帯電話がフル充電の状態で長時間接続されているのと同じことになり、スマートフォンのバッテリー自体の消耗を早めてしまうデメリットがあります。

そして最後はBluetoothのテザリングです。

これは短い距離での無線の接続方法です。例えばスマートフォンに入っている音楽をBluetoothのテザリングをすることでワイヤレスのイヤホンで楽しむといったような使い方ができます。ただしこの場合はスマートフォンとイヤホンをペアリングと呼ばれるほうほで設定しなければなりません。Wi-Fiのテザリングと比較すると、バッテリーの消耗はさほど激しくありません。

 

「モバイルWi-Fi」と「テザリング」の違いをわかりやすく比較

 

ではそれぞれの項目別に、「モバイルWi-Fi」と「テザリング」の違いを比較してみます。

1.通信速度について

通信速度については、「モバイルWi-Fi」と「テザリング」を比較すると、モバイルWi-Fiの方が通信速度が速くなる傾向が高いです。

2.料金について

料金面では、「テザリング」だと例えばスマートフォンのデーター使用料金がかかってしまうのですが、「モバイルWi-Fi」の場合は、様々なプランによって通信料金を気にせずインターネットを利用することができます。

3.通信制限について

スマートフォンでデータを利用する場合とパソコンでデータを利用する場合を比較すると、どうしてもパソコンでのデータ利用の方が通信の使用量が多くなる傾向があります。そのためスマートフォンをパソコンでつないで「テザリング」している場合ですと、通信制限を気にする必要が出てきますが、モバイルWi-Fiの場合は、様々なプランから選択することで、通信制限を気にせずインターネット利用できます。

 

まとめ

 

例えば外出先でインターネット利用したい場合は、「テザリング」で簡単にスマートフォンをUSBケーブルでつないでパソコンを利用するといった方法も選択できますが、頻繁に外出先でパソコンやタブレットを使う方は、速度制限を気にせず、料金的にも安くなる可能性を考えると、モバイルWi-Fiルーターを利用することをお勧めします。

さらにスマートフォンのバッテリーの消耗を防ぐこともできます。

インターネット環境の利便性を高めるためにこの記事をお役立てください。

 

モバイルWi-Fiのメリット、デメリットとは?

 

「モバイルWi-Fiってすごく気になるけれど、よくわからないし、いまさら聞くのも恥ずかしい」と言う方にもモバイルWi-Fiとは何なのかを簡単に説明します。

モバイルWi-Fiは簡単に言うと、接続設定をするだけで自宅でも、また屋外でも持ち運びができ自由にインターネットが楽しめる通信端末の事です。

 

モバイルWiFiとは

 

Wi-Fiと聞くと難しそうな印象がありますが、モバイルWi-Fiの設定はとても簡単です。

使用説明書に従っていくつかのステップを踏めば誰でも設定ができます。

さらにモバイルWi-Fiは簡単にに持ち運びができるように、携帯電話と変わらない小さめのサイズで、特別な回線工事をしなくても契約したその日からすぐにインターネットが使えるます。

モバイルWi-Fiはその端末1台だけで無線でインターネットにつなげることができますのでパソコンへの難しい配線の必要や設備等が不要でインターネットが使えるのです。

モバイルWi-Fiは持ち運びができるので、自宅だけでなく公園やお出かけの際でも、どこでも持ち運びができて使用することができます。

 

モバイルWiFiのメリット

 

モバイルWi-Fiの1番のメリットは、固定電話の回線とは異なり、面倒な手続きや回線工事をが不要で、契約したその日からたとえ引っ越し先でも、すぐにインターネットを使うことができるという点です。

固定回線とモバイルWi-Fiを比較してみます。

固定回線の場合は回線工事が必要であることが多く工事費用がかかります。

また即日から利用が難しいです。

プロバイダーの契約も別に行う場合がありますし、利用するためのモデムやルーター等への配線設備が必要です。

しかも利用できる場所は自宅内だけであり、モバイルWi-Fiと比べて設定が難しいです。

これに対してモバイルWi-Fiは回線工事が不要で、工事費用もちろんかかりません。

インターネットへの利用も即日可能ですし、プロバイダの契約は申し込みに同時に行うため簡単です。インターネットを利用するための配線や設備も不要で、利用できる場所は自宅内ならず屋外でも可能です。設定自体も固定回線と違って簡単です。

料金面でもメリットがあります。

特にインターネットの使用が多い方で、データの定額サービスなどを利用している方は

モバイルWi-Fiの「無制限プラン」などを契約することで通信料を安くすることができます。

 

モバイルWiFiのデメリット

 

次にモバイルWi-Fiのデメリットを見ていきましょう。

デメリットは、モバイルWi-Fiとして個別に契約をしなくてはならないことです。

仮に自分が今使っている携帯電話と同じ会社であっても、モバイルWi-Fiを使うためには新しく契約をする必要があります。

さらに屋外でも使えるわけですから、当然スマホやタブレット端末と合わせて、Wi-Fiの端末を持ち運ばなければなりません。特にモバイルWi-Fiの端末の外出時の持ち忘れや、外出先での置き忘れには注意が必要になります。

他のデメリットとして、モバイルWi-Fiの端末機器自体にも充電が必要な点です。

屋外で利用する際には、スマホ自体にバッテリーが残っていても、モバイルWi-Fiの充電がなされていない場合は通信することができないのでインターネットに接続することができません。

最後のデメリットは、契約するモバイルWi-Fiの会社やサービスまたWi-Fiのルーターの種類によっては通信が安定しない、つまりつながりにくくなったり、つながらない場合があると言うことです。この点に関しては皆様がお持ちのスマホやタブレット端末でも同じであると考えていただいて結構です。

 

モバイルWiFiはこんな方におすすめ

 

実際モバイルWi-Fiのメリットを考える上で、どんな人がモバイルWi-Fiを使ったら良いのかという点について見ていきましょう。

「スマホ持っているけれど頻繁に通信速度制限がかかってしまう」

さらに「自宅だけでなく屋外でも自分専用のWi-Fi環境が欲しい」

基本的にはこのような条件に当てはまる方にお勧めです。

ただし注意するポイントは、通信の安定性などを考えると、超高画質の動画を思いっきり楽しみたい方や、PS4などでオンラインを楽しみたいといった方はモバイルWi-Fiよりも固定回線のインターネットの利用をお勧めします。

逆に言えば「超高画質じゃなくても良いので動画をとにかく楽しみたい」という方やお店や公共施設などで無料Wi-Fiをよく利用する方、さらにスマホのゲームをよくする方、こういった方にはモバイルWi-Fiはお勧めです。

 

まとめ

 

特別な回線工事や配線なしで、モバイルWi-Fiといわれる小さな端末を持ち歩くだけで、どこでもインターネットが使えるようになり、さらに通信料金の負担も軽くなるのであれば最高ですよね。

モバイルWi-Fiは、設定は簡単で、端末を持ち運びすれば屋外でも好きな場所で自由にインターネットに接続することができるという点では、とてもメリットが大きいものです。

端末を複数持ち運ばなければいけない点や、充電の手間、そしておき忘れ等の紛失に注意をしさえすればインターネットの利用環境はさらにとても便利なものになります。

皆様がより快適でより便利なインターネット環境を手に入れられるようこの記事がお役にたてばうれしいです。

 

モバイルWi-Fiとは

 

モバイルWi-Fiと聞くと、「なんとなくわかってるけれど、詳しく知らない」という方も多いのではないでしょうか?

今回はまだモバイルWi-Fiを使ったことのない方や、これからの購入を検討している方にぜひお役立ていただけるよう、簡単にわかりやすくモバイルWi-Fiについてご紹介します。

 

「モバイルWi-Fi」とは

 

モバイルWi-FiとはモバイルWi-Fiルーターとも呼ばれ、小型で軽量で、簡単な設定で自宅だけでなく、屋外でも自由にインターネットに接続できる便利な通信端末のことです。

au、ドコモ、ソフトバンクなどの携帯電話会社のみならず、UQコミニケーションズのUQWiMAXやワイモバイルのポケットWi-Fiなどが有名です。

性能等によって、価格も様々で、屋外だけでなく自宅で据置で使えるようなホームルータータイプのものまであります。

 

「モバイルWi-Fi」の仕組みについて

 

固定回線であればインターネットとモデムを接続して、そのモデムと例えばパソコンをLANケーブルでつなぐことでパソコンでインターネットを利用することができます。

この接続方法ではあくまでもLANケーブルが届く範囲でしか端末機器を繋ぐことができません。

これに対して、モバイルWi-Fiルーターの場合は、インターネットとモバイルWi-Fルーターが接続することで、モバイルWi-Fを経由して、パソコンやスマホそしてゲーム機等の複数の端末機器でインターネットが利用できるようになります。

LANケーブルなしで、複数の端末機器で同時にインターネットに接続できるというのはとても便利です。

 

「モバイルWi-Fi」でできることとは?

 

固定回線と違って、モバイルWi-Fiの場合は特別なインターネットの回線工事が必要ありません。そのため回線の工事なしで、Wi-Fiの電波が届く範囲であれば、いつでも好きな場所からインターネットに接続することができます。屋外で自由に使えるため、例えばキャンプ場など電源さえないような場所でも、モバイルWi-Fiの充電さえしてあれば、インターネットに接続して楽しむことができるのです。

また外出先でもパソコンとスマートフォンをつなげることで、データの転送なども簡単にできるようになります。

 

「モバイルWi-Fi」のメリット

 

モバイルWi-Fiを利用するメリットを簡単にまとめてみます。

1.固定回線のような特別な回線工事が一切必要なく、設定もとても楽です。固定回線だと回線工事をするまですぐに使えない場合もありますが、モバイルWi-Fiの場合は設定さえ済ましてしまえば、すぐにインターネットを利用することが可能です。

2.好きな場所でいつでも自由にインターネットを楽しむことができる

モバイルWi-Fiのルーターはとても手軽に持ち運びができるため、使用が可能なエリア内であれば、例えば自宅のそれぞれの好きな部屋で自由にインターネットが楽しめたり、屋外でもお気に入りのカフェやレストランで、仕事をするためにモバイルWi-Fiで接続してインターネット利用することができます。

3.複数の端末機器を簡単に接続できる

パソコンやスマートフォンそしてゲーム機やプリンターなど自由にWi-Fiで接続ができるため、自分のパソコンの中にある画像を家族の人と簡単に共有できたり、自分のお気に入りの動画や音楽の共有も簡単にできるようになります。また例えばリビングで録画したテレビ番組を、寝室で見るといったようなこともできるのです。

4.通信速度速くすることができて時間短縮ができる

例えばスマートフォンで4Gもしくは4G+でインターネットを使用している方は、モバイルWi-Fiの契約内容にもよるのですが、モバイルWi-Fi接続した方が通信速度が上がる場合が多いです。データ量の多いファイルのやりとりなどはWi-Fiルーターで接続することによって時間の短縮をすることができます。ただしあまりに複数の端末機器をモバイルWi-Fiで接続している場合は、通信速度が遅くなるケースもありますので注意が必要です。

5.通信料金の節約ができる。

スマートフォンの契約内容にもよりますが、例えばデータ定額のようなプランでなく一般的な料金プランでスマートフォンを利用している場合、モバイルWi-Fiを利用する方が通信料の節約になります。さらに、データ料金の定額プランを契約されている方でも、上限を超えると速度制限がかかってしまう場合がありますが、モバイルWi-Fiを利用することで、速度制限を回避することができます。

 

「モバイルWi-Fi」を利用する際の注意点

 

手軽に持ち運びができて、特別な回線工事も必要なく自由にどこでも好きな場所でインターネットを楽しめるという大きなメリットがモバイルWi-Fiにはありますが、それと同時にセキュリティー面での脆弱性には注意が必要です。

IDやパスワードを手に入れれば他人でも自由に悪用することができるため、IDとパスワードの管理はくれぐれもしっかり行うことをお勧めします。

また自分のデータ利用料等の確認をして、快適にインターネット接続が楽しめるようなプランを選択する必要があります。

最後に、持ち運びができても使用可能なエリア内でなれば利用できませんので、「自分が使いたい場所でモバイルWi-Fiが使用可能なのか」の確認も大切です。これらを踏まえて、「モバイルWi-Fi」を利用して快適なインターネットライフをお楽しみ下さい。

 

Wi-Fiって実際何なんだろう

 

スマートフォンやパソコンを使う際によく聞く「Wi-Fi」。「気になっているけれど、あんまり詳しく知らないし」そういう方も多いのではないでしょうか?

今回は、Wi-Fiがどういうものなのかについて簡単に、わかりやすくご紹介します。

 

「Wi-Fi」とは

 

いろんな場所や製品に当たり前のようによく使われている「Wi-Fi」ですが、無線LANと呼ばれているものの1種です。

無線LANと言うとなんだか難しく聞こえますが、ワイヤレスLANとも呼ばれて、無線の電波でネットワーク機器が簡単に接続できる便利なものです。

この「Wi-Fi」が登場するまでは、すべての接続機器をLANケーブルと言う線で繋がなければなりませんでした。 Wi-Fi Allianceと呼ばれる無線LAN製品の普及を推進している業界団体があります。このWi-Fi Allianceの標準に合わせて作られ、それぞれの製品が相互接続可能であると認定されたという、その認定名称がWi-Fiと呼ばれるものです。

より簡単に説明すると、Wi-Fiマークがあるものは、それぞれが相互接続のテストで合格し、接続が可能と認定されているものなので、無線LAN接続が可能だということになります。

 

「Wi-Fi」の仕組み

 

いろいろな接続端末機器つまり、皆さんが普段お使いのスマホやパソコン、タブレットやゲーム機そしてプリンター等ですね、これらの機器に無線の電波を飛ばして接続する元となるものが「Wi-Fiルーター」と呼ばれるものです。

このWi-Fiルーターとインターネットはインターネットの回線でつながっています。 Wi-Fiルーターから電波が飛んで、それぞれの端末機器につながっています。 その結果Wi-Fiを通して、皆さんの端末機器がインターネットにつながる形になります。

それぞれの端末機器をLANケーブルで繋ぐ必要がないため、Wi-Fiの電波が届く範囲であれば自由にどこでも持ち運びができます。

 

「Wi-Fi」でできること

 

LANケーブルと接続する必要がないので、接続が難しかった場所でも端末機器を使用することができます。例えばリビングのパソコンの画像を、トイレでLANケーブルなしでスマホで確認することもできるということです。

それぞれがWi-Fi接続に対応してる端末機器同士を自由につなぐことができるので、自宅のパソコンとスマホをWi-Fiで繋いで使用したり、パソコンと自宅のプリンターをLANケーブなしで使用することができます。

また画像や音楽等のデータをWi-Fiを通して簡単に共有させることができますし、リビングで録画したテレビ番組を、寝室のテレビででWi-Fiを使って視聴することもできます。

 

「Wi-Fi」のメリット

 

Wi-Fiを使うと、いろんな端末機器でインターネットを楽しむことができるとても便利なものですのでそのメリットを簡単にいくつかまとめています。

 

1.見た目が綺麗でシンプルになる。

 LANケーブルでそれぞれの端末機器を繋ぐ必要がないので、デスク周りなども、LANケーブルでごちゃごちゃせずすっきり整頓されます。

 

2.どこでも自由に端末機器を使える

 LANケーブルが必要ないので、Wi-Fiの電波が届く範囲であれば、リビングで録画したテレビ番組を別の部屋で視聴することができたり、プリンターを別の部屋にいながら操作してデータを印刷したりすることができます。

 

3.データーの共有が簡単にできる

Wi-Fi同士であればどんなものでも接続が簡単にできるので、例えば家族それぞれが持っているスマートフォンなどの端末で、パソコンの画像やデータ、音楽などを容易に共有できます。

 

4.スマホの通信速度が上がる

 例えばスマホでインターネットを利用する際に、4 Gのスマホを使っている場合は、Wi-Fiに接続した方が通信速度が上がります。データ量の多いファイルのやり取りなども、圧倒的に時間短縮できます。データ量の多いファイルのやり取りなども、圧倒的に時間短縮できます。

 

 5.スマホの通信料金を安くすることができる

例えばスマホでインターネットを利用している場合で、データ通信料を払っているケースですが、データ定額などのコースを使っている場合には、使用したデータ量の範囲を超えてしまうと速度制限がかかってしまいます。Wi-Fiを利用することで、こういったデータの通信料金を安く抑えたり、速度制限を回避することができます。

 

 「Wi-Fi」のデメリット

 

 1.固定回線に比べて通信接続が不安定

LANケーブルなしで接続できるというメリットが逆にデメリットとなる場合があります。固定回線に比べて通信接続が安定しない傾向があるからです。どうしてもWi-Fiルーターの電波が、室内の壁や距離などの影響を受けやすく、接続が不安定になるケースがあることは否定できません。

 

  1. Wi-Fiルーターを第三者に無断で使用されるリスク

何ケーブルでの接続でないため、IDとパスワードさえ手に入れば誰でもWi-Fiルーターに接続することができてしまいます。IDとパスワードの管理は自分にすることをお勧めします。

 

3.公共のWi-Fiのセキュリティーリスクの高さ

フリーWi-Fiとも呼ばれる公共の施設などで使われる無料のWi-Fiは、誰でも無料で手軽に利用できる反面で、しっかりと暗号化されていないフリーのWi-Fiに接続した場合などは特にセキュリティーのリスクが高く注意が必要です。通信内容を他者に見られたり、スマホを乗っ取られて遠隔操作されてしまうというケースもありますので、公共のWi-Fiを使用する際には信用できるものかどうかしっかり確認が必要です。

 

4.接続設定が難しいと感じる方もいる

LANケーブルを使えば物理的に差込口にケーブルを入れてしまえば接続できるのですが、Wi-Fi接続の場合はIDやパスワードの設定といったプロセスが必要です。この点をやや複雑だと感じる方がいます。さらに接続に不具合が生じた場合に、LANケーブルでの接続と違って、どの機器の接続に不具合が生じているのかが分かりづらくなる傾向があります。

 

「Wi-Fi」を使う際の注意点

 

最後にWi-Fiを利用する際の注意点をまとめておきます。

 

1.フリーWi-Fiを含め、公共のWi-Fiを利用する場合には信頼性があるのかどうかしっかり確認をすること

 

2.壁の材質や障害物などを考慮して接続の安定性をしっかり確認すること

 

3.LANケーブルでの接続よりも、セキュリティー面での脆弱性があることを認識すること