WiMAX2+ ハイスピードプラスエリアモードとは

 

今回はWiMAXのサービスの中で、ハイスピードプラスエリアモードという言葉が気になっている方に、ハイスピードエリアモードとは一体どんなものなのかわかりやすくご紹介したいと思います。

 

WiMAXの2種類の異なる通信モード

 

ハイスピードエリアモードは何なのかということについて触れる前に、WiMAXには2種類の通信モードがあります。

  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

現在WiMAXから提供されているモバイルWi-Fiの端末では、インターネットを利用する際の通信モードについて、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードのどちらか2つのうちの1つを選択して利用できるようになっています。

端末の画面で、通信モードの設定という欄を見ると、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードという2つの選択肢が出ます。

どちらか自分の好きなほうを選べばいいのですが、そもそもこれらの違いが何なのかについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

 

ハイスピードモードとは

 

ハイスピードモードとは、WiMAXで通常使う通信のモードのことで、WiMAX2+という通信を利用するモードです。

これまでのWiMAXと異なり新しくなったWiMAX2+では、他のモバイルWi-Fiルータの回線とは画期的に異なる点があります。その通信速度のスピードです。

例えばWiMAXの最新機種である、W06は下り速度最大558Mbpsを誇るものです。ただし、WiMAX2+の回線は、地下鉄や地下街でも利用可能なエリアを拡大しようとはしていますが未だにつながらないエリアがあるのも事実でした。

このつながらないエリアに対応するためにできたのが、ハイスピードプラスエリアモードです。

 

ハイスピードプラスエリアモードとは

 

先ほどご紹介した最新端末機器のW06を例にみるとモードの違いで通信速度も異なってきます。

ハイスピードプラスエリアモードを利用した場合の下り最大速度は、1.2Gbps・上り最大75Mbpsで、東名阪の一部エリアから対応しているとのことですが、光回線を超える速度です。

そして先ほど、ハイスピードモードでは対応しきれないエリアをカバーするためのものが、ハイスピードプラスエリアモードだと説明していましたが、どうして対応エリアが広がるのかというと、ハイスピードプラスエリアモードは通常のWiMAX2+という回線だけでなく、さらにauのLTE回線を利用するからです。より正確には、「au 4G LTE」を利用するということになりますが、auの公式サイトが示すように、この「au 4G LTE」のカバー率はは99%となっています。ほとんどのエリアで使えるという事なりますね。

通常のWiMAX2+の回線では電波が届きにくい山間部や、人口過疎地なども含めて広いエリアで利用ができること、とさらに地下鉄や地下街といった通常の通信が困難な場所にも対応できることが強みとなっています。


それでは次にハイスピードプラスエリアモードのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

ハイスピードプラスエリアモードのメリットについて

 

  • 通信エリアが広い

先ほどご説明した通り、ハイスピードプラスエリアモードではWiMAX2+の通信エリアと、さらに「au 4G LTE」のエリアも利用できるということで、通信エリアのカバー率は99%を超えるという事です。

通常モードに加えて、auの回線を利用することで、通常モードで利用できなかったエリアでもWiMAXを利用できるのはとても便利です。

  • 地下街でも使える

通常モードでは例えば地下鉄を利用している際や、地下街などに入り込んだときに通信が中断されたり、つながりにくいといったことが起きるのですが、auの回線を使うことで、地下街また地下鉄の電車内においても利用が可能になるということになります。

なぜ通信環境が悪いとはいわれる地下エリアで利用が可能になるのか、その秘密は「au 4G LTE」のプラチナバンドにあります。

プラチナバンドとは、800MHz前後の周波数帯のことで、ゴールデンバンドとも呼ばれています。より正確には、700 〜900MHz帯のことですが、この周波数帯は、電波が届きやすく広い場所をカバーするためのものです。広いエリアのみならず、この周波数帯は建物の壁や障害物があっても通り抜ければしやすいために、都心部の地下鉄や地下街といった通常は通信環境が好ましくない場所でも電波が届きやすく利用可能となるのです。

  • 通信速度が速い

WiMAXでは、キャリアアグリゲーションと呼ばれる複数のインターネット回線を束ねて活用できる通信の仕組みがあります。そしてこのキャリアアグリゲーションがWiMAXに搭載されているため、従来のWiMAX2+のみならず「au 4G LTE」を併用することでより快速にインターネットが利用可能となりました。

先ほど簡単にご紹介したように、通常のWiMAX2+の速度では、下りの通信速度は最大558Mbpsなのに対して、au 4G LTEの通信では最大で1,237Mbpsという驚異的な速度を誇ります。(最新端末機種W06の場合)

 

ハイスピードプラスエリアモードのデメリットについて

 

最後にデメリットについても見ていきましょう。

  • 別途で利用料金1005円がかかる場合がある

通常は、WiMAXを3年契約で申し込む場合はこのハイスピードプラスエリアモードが無料で利用できますが、1年契約や2年契約で申し込んだ場合は有料になるという注意点があります。有料の場合の料金は月額1005円です。

  • 月間7 GBまでの通信料制限がある

ハイスピードプラスエリアモードでは、7 GB以上を利用してしまうと速度制限が起きてしまい、この場合通信速度は降りでわずか128kbpsとなりますので、通常のインターネットの利用速度としてはとても不便になります。

これらのデメリットに注意しながら、より快適にWiMAXを使いこなしましょう。

 

WiMAXとWiMAX2+の違い

 

テレビのコマーシャルでもとても有名なWiMAXですが、モバイルWi-Fiの購入を検討中の方で、一度はWiMAXそしてWiMAX2+という言葉を耳にされた事があるのではないでしょうか?

もしかしたらとてもよく似た名前なので同じものだろうと思っていらっしゃる方もいるかも知れませんね?

実際はこのWiMAXとWiMAX2+は内容が異なりますので、今回はこの2つの違いを簡単に、そしてわかりやすくご紹介します。

 

WiMAXとWiMAX2+って何?

 

KDDIグループのUQコミュニケーションズという会社が提供しているのがWiMAXです。

そしてこのWiMAXとWiMAX2+両者とも同じ会社が扱うサービスですが、簡単に言うと2つの異なる通信方式ということです。どちらも同じように電波を使うことでWiMAXの端末からデータ通信のやりとりをします。

ではこの両者の違いは何なのか詳しく見ていきましょう。

 

WiMAXとは

 

WiMAXは『Wordwid Interoperability for Microwave Access』の略で、

UQコミュニケーションズ株式会社が提供している無線通信技術の規格のひとつとなります。

WiMAXは、そもそも高速通信回線の利用が難しいとされた地域で高速通信を利用可能にするため提供されたものです。

 

進化したWiMAX2+

 

そして上記のWiMAXがより進化したものがこのWiMAX2+です。

どのように進化したのかと言うと、通信速度が大幅に高速化されたのです。実際サービスが開始されたのは2013年からですが、現在もまだ提供エリアを拡大中です。

 

WiMAXとWiMAX2+って何が違うの?

 

WiMAXとWiMAX2+は具体的に何が違うのかという点ですが、

まずサービスの開始時期が異なります。

WiMAXは2009年にサービスが提供を開始されました。そしてWiMAX2+は2013年からの開始です。

さらに両者を詳しく比較してみましょう。

 

1.利用できるエリアの違い

UQコミュニケーションズのサービスエリアマップというサイトで調べるとわかりますが、WiMAXとWiMAX2+はサービスの提供エリアが異なります。

2つを地図で比較すると、現在WiMAX2+の方が利用可能エリアが拡大しています。より広範囲なエリアで使用できるといえます。

さらにWiMAXでは障害物や通信障害を受けやすかったエリアでも、WiMAX2+では利用可能になっているといったエリアがあります。

つまりWiMAX2+は、WiMAXと比べると、より場所を気にせずどこでも好きな時に高速通信でインターネットができるものに進化したものということです。

2.回線速度の違い

WiMAXとWiMAX2+は通信回線の速度も異なります。

WiMAXは最大通信速度下りが13.3Mbps(初期40Mbps)

に対して、

WiMAX2+は最大通信速度下りが110Mbps/220Mbps/440Mbpsですから、

WiMAX2+のほうが圧倒的に早いといえますね。

しかもWiMAX2+の最大通信速度は光回線の平均速度100Mbpsを上回っている

ということです。

イメージが難しい方に具体的には、

WiMAXでは動画やゲームの読み込みが遅いなと感じていた方でも、WiMAX2+ではサクサク画面が動いてストレスなくインターネットが利用できるという感覚です。

さらにこの通信制限という点でWiMAXとWiMAX2+を比較してみましょう。

WiMAXには、通信制限はありません。

一方でWiMAX2+には、通常プランでは月に7 GBの制限があるものと、使いたい放題の無制限プランの2種類に分かれます。ただしこのWiMAX2+の無制限プランを選んだ場合でも、3日間の使用が10 GBを超えた場合は速度制限が発生します。

3.「端末も違う」

WiMAXとWiMAX2+は、使う端末も異なります。現在UQコミニケーションズでは、WiMAX2+の回線を優先した端末が販売されています。さらにWiMAX2+の回線とWiMAX回線の切り替えを上手に自動でしてくれて、インターネットに接続できる端末もあります。

 

WiMAX2+のギガ放題プランについて

 

圧倒的な高速の通信が利用可能となり便利になったWiMAX2+ですが、特にWiMAX2+で人気のサービスのギガ放題プランについて詳しく紹介します。

今までは、3日間で3 GBで速度制限がかかるかかりましたが、新しくなったワイマックス2+では3日間で10 GBの上限が設定されています。

具体的に3日間で10 GBの制限というと一体どれくらいのデータ量なのでしょうか?

例えばパソコンでYouTubeの動画を視聴した場合で見ていましょう。

超高画質でYouTubeを視聴した場合は、10 GBでは約7時間となります。

ですので3日間でYouTubeを約7時間以上視聴する場合は制限にかかるといったイメージです。

 

もし速度制限がかかってしまった場合

 

もし速度制限がかかってしまった場合の制限時間も改善されました。

以前は終日制限と言うことで24時間制限を受けましたが、これが改善されて、混雑時間帯のみの制限となりました。(8時間制限)

時間帯の目安としては、18時ごろから翌朝の2時までとなっております。

ただし、2時間前より通信を継続して利用し続ける場合、最大で翌6時頃まで速度制限が継続することがあります。

ポイントとして重要な点は、10GBを超えた場合でも、

翌日18時頃までおよび、翌々日2時頃以降は速度制限なくご利用できます。

また、翌日18時頃から翌々日2時頃の間も、概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)で利用できるということです。

これなら通信のヘビーユーザーの方でも上手に使いこなすことができるかと思います。

 

まとめと注意点

 

WiMAXとWiMAX2+は通信の方式が異なるものであるという点と、それぞれ利用できるエリアまた端末に違いがあるといったことをご紹介してきましたが、

現在はこのWiMAXからWiMAX2+への移行期間ということで、今現在は両方の回線が使用できますが、2020年度末までには移行期間が終了してしまいます。